製品概要- Helmet Dryer Dr.Dry(ヘルメット ドライヤー ドクタードライ)-

規格

概要図
品名 Helmet Dryer Dr.Dry
型番 DR2Y-19
定格電圧 AC100-250V
定格周波数 50/60Hz
定格消費電力 100W(温風時)/6W(送風時)
タイマー 30分・以降10分単位で最長90分まで
安全装置 リミッター 75℃
温度ヒューズ 113℃
温風温度 約55℃(吹き出し部)
※ヘルメット内部は50℃程度です
風速 約4km/h
滅菌UVランプ 4個 波長:365nm
主要材質 本体:ABS樹脂
コードの長さ 約1.2m
外形寸法 W:約284mm × H:約84mm × D:約130mm
重量 約0.6kg(電源コード含む)
付属品 取扱説明書

取扱説明書のダウンロード(PDF:5.3MB)

機能

滅菌ランプ機能

滅菌ランプ機能

エアーベント周囲に配置された4個の紫LEDから照射される紫外線にてヘルメット内部を滅菌する効果を得られます。
※点灯中のランプを直接、または間接的に肉眼で見ないでください。目の痛みや視力障害の原因になります。

送風/温風

送風/温風 切替機能

送風と温風を切替えられます。ヘルメット内部に収まるエアーベントから50℃の温風が効率良く内部に送り込まれ、素早く乾燥させます。

タイマー機能

タイマー機能

10分単位で任意に時間を設定できます。最長90分までタイマーを設定可能。消し忘れがなく、安全です。

使用方法

Step.1 本体にセット

使用済みのヘルメットを、
エアーベントへかぶせるように
セットします。

ヘルメットを被せる

警告
シールドやバイザーなどが装着されている場合は、必ず開けてください。
密封した状態で使用されますと、内部が高温になり、製品の故障やヘルメット内部の素材が損傷してしまう恐れがあります。

警告:必ず開ける

Step.2 乾燥スタート

1. コンセントを差す

本体のコンセントを差します。操作パネルの表示部分に『HOT STER COOL』の文字が点滅します。

コンセントを差す
2. 電源を入れる

ON/OFFボタンを押すと乾燥がはじまります。送風・30分で自動的に開始されます。

電源を入れる

パネル操作:
各ボタンと機能についての説明です。

操作パネル
TIMER
タイマーをセットします。
乾燥時間を10分単位で増やすことができます。
STER
4個のUVランプが点灯します。
温風時のみできます。(送風時は使用できません)
HOT/COOL
温風と送風を切り替えます。
ON/OFF
乾燥の開始・停止を操作します。
コンセント差込後すぐに押すと送風が出ます。

Step.3 完了

ドライ完了です。次回装着の際は快適にお過ごしいただけます。

お手入れ完了

本製品のエラーコードについて

エラー
コード
エラー内容 対処法 備考
E1 サーミスタ*断線 お買い上げの販売店、電気店または問合せフォームよりお問合せください。 *サーミスタ:温度の変化により抵抗値が変化する電子部品。温度を測定するセンサとして使用しています。
E2 サーミスタ*短絡
E3 高電圧(270~275V)
・270V以上の高電圧が掛かったとき
電源を確認して、一度コンセントを抜き、しばらくしてから電源を入れ直すと復旧されます。 このエラーが生じた際は、電源を遮断しパネルにエラーコード表示します。
E4 低電圧(80~85V)
・電圧が80V以下になったとき
・タコ足配線などにより電圧が下がったときに起こりやすいエラーです
TOPICS